松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

梨状筋症候群とは?

 
  2019/03/01
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

梨状筋症候群って何だろう?

そう思われる方がほとんどではないでしょうか??

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉の一つでその筋肉と骨の隙間を坐骨神経が通っています。梨状筋が何らかの理由で硬く緊張した状態が続くと、坐骨神経が通る隙間が狭くなり圧迫されて痛みや痺れが起こることを梨状筋症候群と言います。痛みや症状は坐骨神経に関連する部分に出てきます。

 

筋肉はレントゲンなどには写らないためレントゲンで問題がなく症状などを見てそうではないか?と言われます。基本的には施術やストレッチや痛み止めなどによる対症療法が一般的になるかと思われます。当院では、対症療法によって症状を抑えながらなぜ梨状筋が硬く緊張してしまうのか?というところまで突き止めて施術を行っていきます。

ではどういうときに梨状筋は硬く緊張するのでしょうか?

梨状筋は骨盤の骨にくっついています。なので骨盤の歪みなどが一つ考えられます。骨盤が歪んでしまう原因は様々なので、いろいろお話をさせていただく中でお伝えしていきますが、ほかにも姿勢の歪みや崩れたバランスなど人によって異なります。その部分をまず突き止めるということが根本から解決する第一歩になっていきます。

そしてエビス独自の施術で改善させていきます。梨状筋症候群と言われた方や神経痛のような症状がある方はエビスにお任せください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 松江市の整骨院-エビス整骨院 , 2018 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!