松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

効果的なダイエットを教えてください!

 
  2019/04/10
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

その前にオススメしないダイエットからお話しします。それは、食事をとらないダイエットです。なぜかというと過度に食事をカットすると余計に痩せにくいカラダになってしまうからです。

食事をカットしてカラダに栄養が少なくなってくると、蓄えている糖や脂肪からエネルギー源を作ろうとしますが、同時に筋肉も分解してエネルギー源を作ろうとします。しかし筋肉が少なくなるとカラダで産生できる熱量が減ります。簡単にいうと、基礎代謝量が落ちることになるので消費できるカロリーも減ってしまいます。そのほか筋肉はエネルギー源の貯蔵庫の役割もしているのですが、筋肉量が減って貯蔵量を減らしてしまうと、カラダはそのエネルギー源(糖質)を脂肪に変換して肝臓や皮下に貯蔵します。しかもその脂肪を燃やすためには、筋肉が必要なので2重にも3重にも痩せにくくなるのです。

・食べないダイエットをすると筋肉量が減る

・筋肉が減ると基礎代謝が落ちる

・筋肉に貯蔵できないエネルギー源(糖質)は脂肪になってカラダに溜まる

ですので過度な食事制限はおススメしません。

さて、効果的なダイエット!とは、ズバリ糖質制限です!!3大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)の中で人間が食べ物から補給しなければならない必須のものがいくつかあるのですが、実は糖質の中にはその必須の物質が存在しません。必須アミノ酸(タンパク質)や必須脂肪酸(脂質)はあるのですが、糖質には必須がないのです。必須の物質は我々の体内で産生できないから食事として取り込む必要があり、ほかの物質でも代用できません。しかし糖質は体内でタンパク質から作ることも可能であり、必須なものではないのです。

糖質の多い食べ物(パン、麺類、穀類、お菓子etc)を少なくすることで血糖値や糖尿の心配も少なくなりますし、代わりにタンパク質で栄養を取ってもらうと、タンパク質は筋肉の原料となる物質ですので上記のような筋肉量が減る予防にも繋がります。(ただし適度な運動は必要です)

さらに注意してほしいこととして、昨今は糖質が敬遠される風潮が定着してきており、食品の栄養表示も各社工夫されてきています。糖質 = ○.〇gと表記せずにあえて 炭水化物として表記されたりしています。糖質も炭水化物も、単糖と呼ぶ糖分の構成でできた有機化合物で同じ意味ですのでお気を付けくださいね。

タンパク質の多い食品は卵です。ほぼタンパク質の塊みたいなものなのでオススメですよ。その他は、サンマ、イワシなどの魚や、畜肉(豚、鳥、牛)などです。この動物性たんぱく質ですと脂質も一緒に摂取できるので前述の必須脂肪酸も必須アミノ酸も同時に取れるので効果的に栄養摂取できます。是非お試しください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 松江市の整骨院-エビス整骨院 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!