松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

ぎっくり腰

 
  2019/04/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

腰痛は、腰に痛みや炎症などを感じる状態をいいます。

こ…腰が、痛い…。

ギク子

腰は全身の要です!無理をすると重症化する恐れもあるので、痛みを感じたら早目に対処しましょう!

院長

≪腰痛の原因≫

◎長時間座る・立つ・中腰でいるなど、同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張、血流不良
運動不足・筋肉の衰えによる筋力低下
◎過度な運動による筋肉の疲労
このほかにも様々な原因により、多くの人が腰痛に悩まされています。

ぎっくり腰

急性腰痛症のことをいい、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状により、突然急激な痛みに襲われます。中腰の姿勢や、下から重い物を持ち上げるなど、腰を曲げた姿勢が原因で起こります。

ぎっくり腰は、経験された方多いと思います。重たいものを持った時だけでなく日常の何気ない動作でもぎっくり腰になり、強烈な痛みが走ります。じっとしていても痛い場合や痛みで起き上がったり立ち上がったりするのがツライ、痛くて寝がえり度に目が覚めてしまう、痛くてかがんだりすることができない、痛みで仕事にならないなど多くの声をよく聞きます。また一度ぎっくり腰になると回復するのに時間がかかるということもありますが、痛みが脳で記憶されて日常生活の中で同じような動作やなんてことない動作でもまた痛みが繰り返し起きてくるといった状態になってしまいます。

では、なぜぎっくり腰は起きてしまうのか?ぎっくり腰の多くは腰に負担のかかる動作などしていなくても起きます。しかし痛めた瞬間の動作自体は腰に負担がかかっていなくてもそれ以外の日常生活の動作や姿勢が腰に少しずつ負担を蓄積していきます。蓄積している状態ではほとんど症状はないことが多いです。その段階でしっかり負担や疲労をケア出来ているとぎっくり腰にはなりにくいですが、ほとんどの方はそのサインを見逃しています。

そのサインとはどういうものかというと「あれ?」や「ん?」など腰などに感じる違和感や重だるさです。そこを過ぎると腰の負担が蓄積されると同時にほかの部分でかばい始めます。そしてかばいきれなくなったり、負担が限界までくるとささいな動作で体が悲鳴をあげて強い痛みを出し限界だよ!と痛みという形で伝えてくれます。日常生活の中で疲労をしないということは不可能です。普段はその疲労をもともと持っている自分の力で体を回復させることで疲労を蓄積させることを回避しているのですが、偏った食事や睡眠不足、長時間の同じ姿勢などのために回復が追い付かず蓄積してしまいます。

当院の施術がなぜぎっくり腰に効くのか?というと、症状や歪みをとることはもちろんですが、疲労を蓄積しないように元々の回復力もしっかりと機能させ、原因を改善させて行くからです。また施術だけでなく日常生活のアドバイスなどもしっかりお伝えさせていただきます。

お問い合わせはコチラ 料金表はコチラ


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エビス整骨院 | 島根県松江市 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!