松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

急に膝がカクンとなって力が入りにくくなるのは何故ですか?

 
  2019/11/30
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

このような状態は身体の機能の一つ「反射」によって引き起こされていると思われます。

ヒトのカラダは壊れることを一番嫌います。筋肉の先端には引っ張られる力を感じ取るセンサー(神経の一つ)があり、それ以上伸ばされると壊れてしまうかも…と判断した時、その筋肉に力が入らないように神経伝達を制限して「あえて」力が入らないようにするからです。

ただ、普通の生活をしている時なのに何故??と思われる方も多いと思います。そういった時は、本人が気付かないところでの疲労の蓄積や重心の偏りによって、筋肉の伸縮に制限がかかってしまい、結果的に筋肉の先端のセンサーが働いてしまう程の張力が生じてしまうことが多いとされています。

改善方法は、筋肉の伸縮を取り戻すことになるのですが、元々の(見えない疲労、重心の偏り)などは日頃の姿勢やクセ(立位の時に知らずとどちらかの足に多く体重をのせてしまう等々)から引き起こされることが多いです。

なので当院の治療でバランスを整えても、少し日にちが経過するとまた同じ症状が戻ってきたりしてしまうのです。日頃の柔軟やストレッチはもとより、自分のクセや重心・バランスの崩れた生活姿勢を見つけ、修正していくことがより根本に近い対処方法とも言えます。

当院では、生活習慣や姿勢についてのアドバイスも行っています。カクンとなったら見えない疲労のサインかもしれません。

是非お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エビス整骨院 | 島根県松江市 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!