松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

指が曲がったまま伸びない・・・ばね指とは?

 
  2019/02/23
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ばね指とは?

ばね指とは、指を曲げたり伸ばしたりするときに何か引っかかる感じがして、痛みなどを伴う症状のことです。

なにが引っ掛かっているかというと、指を動かす腱というものがありますが、その腱は腱鞘というトンネルを通っていて、普段はそのトンネルの中をスムーズに動いています。

ばね指はそのトンネルと腱に炎症が起き、腱鞘炎が起き、それが進行すると、腱や腱鞘が腫れて大きくなってトンネルをスムーズに通過できなくなる状態のことを指します。

無理に通過しようとした際に痛みや引っ掛かる感じが出ます。それカクンとばねのような感じなのでばね指と呼ばれます。

 

ばね指の症状

指を動かすときにカクカク引っ掛かったり、シコリを感じたり、引っ掛かって指が動かせないときに無理に動かすとビンっと伸びたり などの症状が多いです。

ばね指になると動きを良くしようと無理に自分で動かしたりされる方もいますが、炎症がおきて痛みが強くなったり、余計に動かしにくくなったりすることがあるので無理やり自分で動かすことはあまりお勧めできません。

症状が悪化してくると自分で動かせなくなり、もう片方の手で無理やり動かさないと動けない状態になったりします。そうなるとかなり日常生活にも支障が出てきます。

ばね指はどういったときにおこるのか?

手の使い過ぎやスポーツや指をよく使う場合に起きやすく、更年期の女性や妊娠出産期の女性にも多い傾向があります。また糖尿病やリウマチや透析をしている方にもうよく起きます。

多くは安静にしたり、ステロイドの注射をすることが多く良くなる方も多いですが、再発したりなかなか改善しない方も少なくありません。

 

なぜそういったことが起きるかというと炎症が起きたり、負荷がかかるのは指のほうですが身体の骨格が歪んでいたり、バランスが悪いと姿勢が崩れます。

姿勢が崩れると、肩が前に出て猫背の姿勢になります。そうなると指に関連する肩回りや腕の筋肉に負担がかかり硬くなり血流も悪くなりやすい状態です。

血流が悪くなると、むくみを生じやすかったり疲労が蓄積されやすくなります。それが積み重なると腱鞘炎になり、ばね指になってしまいます。

当院では、ばね指の方は症状のある部分だけでなく全体の骨格や歪みまで整えて症状を改善させながら再発しないようにしていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 松江市の整骨院-エビス整骨院 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!