松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

膝の痛み(鵞足炎)とは?

 
  2019/05/23
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

鵞足炎とは?

あまり聞きなれないかもしれません。そもそも鵞足とは縫工筋・半腱様筋・薄筋という3つの筋肉が股関節と膝をまたいで膝下の内側についています。

その股関節と膝をまたいでいる部分がガチョウの足に似ていることから鵞足という名前がついています。

鵞足炎とはその部分の炎症のことを言います。

では、

どういったときにその鵞足に炎症が起こるかというと、長時間走ったり、スポーツなどでは切り返す動きなどを繰り返す場合に起きやすいです。

長時間負担をかけたり、疲労が抜けないでいると徐々に筋肉が硬くなってきて、動きが悪くなってきます。

自覚症状としては、何か変だな?などの違和感がこの時点で感じられることが多く、それをすぐ良くなるだろうと思って使い続けていると、強い痛みに変わってきます。

炎症が起きてしまうと常に痛みを感じるようになり、普段の生活の動きにまで影響してきます。

 

鵞足炎では鵞足の部分だけの施術ではなかなか痛みが取れず、何度も痛みを繰り返してしまうという方も多くみられます。

そういった方に多いのが、鵞足の部分に痛みの原因があるのではなく、そもそも膝や鵞足に負担をかけざるを得ない状況になってしまっています。

どういった場合に膝や鵞足に負担がかかりやすいかというと、骨盤・股関節や足首、股関節周りの筋肉の硬さや動きにくさ、柔軟性の低下などがかなり多いです。

この部分が正常でないと衝撃を膝で受けることになります。普段の歩行の時でも膝に大きな負担となるので、長時間走ったり、切り返しなどの強い動きではさらに大きな負担となります。

当院では、鵞足炎でお困りの方でも膝や股関節周りだけでなく全体のバランスや動き方・ケアの仕方もお伝えしてサポートしていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エビス整骨院 | 島根県松江市 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!