松江市の整骨院。交通事故治療、骨盤矯正治療や整体などお任せ下さい

インナーマッスル、アウターマッスルとは?

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

インナー=深層にある筋肉、アウター=表層にある筋肉のことで、身体の内側にあるか?外側にあるか?の位置で分けた時の呼び名です。

アウターマッスルの特徴は、身体を動かす際に意識して動かすことのできる筋肉が多く、大きな力を発揮できる筋肉が多いです。筋トレで鍛えると筋繊維が大きくなり、見た目にも変化が感じやすい筋肉です。

インナーマッスルは、その多くが体積が小さく関節の構造を補強する靭帯のような働きをしていることが多いです。また、姿勢保持やバランスをとる役割を担っているので常に持続的に働いている筋肉です。

発揮する力は大きくないですが、関節の動きを細かく微調整したり、身体が滑らかに動けるよう調整してくれています。

また、関節の固定、安定にも関与しており、鍛えることで関節の痛みの解消につながる場合もあります。

アウターマッスルと違い、鍛えた効果が目に見えにくいため継続してトレーニングするモチベーションが保ちにくいですが、バランス感覚の向上など効果やメリットは大きいので注目を浴びている筋肉です。

鍛える方法は、「低負荷、高回数」が効果的です。アウターマッスルのようにバーベルなど重い器具を使わず、自重(自分の体重)を使って行うトレーニングや、少ない力で伸びるチューブを使って少ない負荷で行うと鍛えられますよ。

なので…

アウターマッスル…主に筋力UPしたい時

インナーマッスル…主にバランス感覚向上など   

の目的に使い分けして鍛えると良いでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 松江市の整骨院-エビス整骨院 , 2019 All Rights Reserved.

今すぐご予約の方はこちら!